わたしの健康ナビ 女性の美容と健康について

<<  2010年 5月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
LINK
構造 ヘーベル
レーベン 弁当
フィンチ眼鏡
小松こんぶ通販
利尻昆布の特徴と等級
赤ちゃん・妊婦にも安心のルイボスティー
いつもお留守番
美容の基本
ディセンシアのトライアルセット
クラリソニックIKKOさんおすすめ


最近の記事
セこんにゃく芋とセラ…
04/27 16:50
DHC Q10トライ…
04/06 15:28
ゲルマニウムリング
03/24 19:45
茶のしずくの口コミ
02/10 16:48
アンチエイジング化粧…
01/14 13:56

男性と加齢肌

エイジングスキンは女性だけのようなものではありません。
男性も、その症状は女性とあまり変わらず、シミ、シワ、毛穴、たるみなどです。ですが、乾燥は女性ほどは多くないようです。

化粧品に関しては、男性はやっと近頃になって基礎化粧品などを実際に使用するようになってきたところですので、エイジングスキン用というようなものは、今のところまだ殆ど見かけません。

サプリメントにしても、身体を若々しくする感じのためのというようなものはあるにせよ、お肌に特化したというようなものは特に、実際、発売されていないようです。

しかし、一般に発売されている感じのコラーゲンや、ビタミンC、あるいは、ヒアルロン酸などは、女性に限ったようなものではありませんから、男性が実際に購入しても全く、差しさわりありません。

今後は、男性も若々しい感じのお肌やお顔を持続させる感じのために、そのようなサプリメントをどんどん活かしていただきたいでもありますし、エイジングスキン用の化粧品なども、実際、発売されてくるのではないかと思われます。

美容 | 投稿者 hitori 10:20 | コメント(0)| トラックバック(0)

ハーブと髪の毛

髪の毛のお手入れハーブは、当日の症状によって、オリジナルでシャンプーを作れる感じのことがポイントです。
では、一体どのようにハーブをブレンドして使うのでしょうか?
それは、とりあえずベースとなるヘナで、シャンプー液を作っておきます。
それをベースにして、使うようなときに、配合するハーブを決めてブレンドするのです。

今日は汗を沢山かいたから、サッパリしたいと思ったら、ペパーミントやニームを入れます。
今日は髪がぱさつくなあと思ったら、ココナッツオイルを入れるなど、当日の気分で変えてみる感じのことも楽しいです。
モティアロシャオイルは必需品ですから、毎回使ったほうがよいでしょう。
市販のシャンプーではここまで症状に合わせたというようなものはありません。
せいぜい、敏感肌用とかオイリー肌用くらいの区別しかないと思われます。
ですから、自分の好きなように作れるハーブシャンプーは最高の髪の毛のお手入れシャンプーです。

では、初心者がとりあえず洗髪用に購入したほうがよいハーブは、どのような種類でしょうか?
それは、ヘナとシカカイ、そしてアムラとモティアロッシャオイルがあったならよいでしょう。
これらのハーブで頭を洗うと、洗浄してくれて、トリートメントもしてくれます。
また、育毛効能が見られ、髪をツヤツヤにしてくれ、サラサラのきれいな髪に整えてくれるでしょう。
みなさんも、髪の毛のお手入れにインドハーブを使ってみては如何でしょうか?
天然成分でもありますし、自分で配合すると余計なというようなものは入れませんから、石油系シャンプーより心おきなく使えると思われます。
美容 | 投稿者 hitori 11:06 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]