わたしの健康ナビ 女性の美容と健康について

<<  2010年 6月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
LINK
構造 ヘーベル
レーベン 弁当
フィンチ眼鏡
小松こんぶ通販
利尻昆布の特徴と等級
赤ちゃん・妊婦にも安心のルイボスティー
いつもお留守番
美容の基本
ディセンシアのトライアルセット
クラリソニックIKKOさんおすすめ


最近の記事
セこんにゃく芋とセラ…
04/27 16:50
DHC Q10トライ…
04/06 15:28
ゲルマニウムリング
03/24 19:45
茶のしずくの口コミ
02/10 16:48
アンチエイジング化粧…
01/14 13:56

吹き出物痕治療「ケミカルピーリング」

吹き出物痕の治療法のなかに「ケミカルピーリング」という方法があります。
自宅でのケアでは回復する感じのことのできないような吹き出物痕が残ってしまっている方のなかに関しては、この方法に興味がある方もいらっしゃるだろうと思います。

ケミカルピーリングでの吹き出物痕治療では、化学的な薬剤を使用して、お肌の角質や表皮などを溶かし、新しい皮膚を蘇らせるという方法です。
ケミカルピーリングでは、蘇らせたい肌に合わせた薬剤が使われるんですが、吹き出物痕の治療では、グリコール酸やサリチル酸などが使用されています。

一般的に使われているのは、グリコール酸で、弱いタイプの薬剤なので、薬剤でお肌を溶かすと言っても、いつもと変わらない生活をしながら、実際、吹き出物痕が解消されたお肌の再生を待つ感じのことが可能です。

ただし、あくまで酸なので、多少のピリピリ感は伴います。
一方サリチル酸は、グリコール酸と比べると肌の奥まで薬剤がしみわたるので、深く残ってしまった吹き出物痕等に効能があるといわれています。

しかし、サリチル酸は強い酸なので、人によっては強い痛みを感じるような場合があります。

更に、お肌が再生されるまでの時間がグリコール酸よりも長く必須になるというデメリットも持っています。
どちらの方法においても、お肌が再生されるまでの期間はバリア機能が低下しているので、紫外線対策や保湿対策を念入りに行わなければいけません。

医師の指示のもとで、治療後のケアに十分注意することが必須であるようなことをきちんと覚えておきましょう。
美容 | 投稿者 hitori 16:50 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]